発達障害の子供が児童発達支援のABAで助かりました

発達障害という言葉はテレビなどで知っていましたが、まさか自分の子供がそう診断されるとは思ってもみませんでした。

最初は何も分からず途方に暮れていたものの、親がしっかりしなくては駄目だと思い、本を手に取ったり情報を集めることにしました。そこで知ることになったのが児童発達支援の存在で、ABAと呼ばれる取り組みです。

児童発達支援は発達障害の子供が受けられる支援の1つで、相談先としてとてもお世話になります。一方のABAは応用行動分析と呼ばれるもので、人の問題を本人だけのものとせず、環境との作用の結果と捉える考え方です。

応用行動分析といわれてもイメージできず、非常に難しそうな印象でしたが、基本を理解するとかなり有益なものだと分かりました。応用行動分析のABAは1930年代に開発された体系で、今では教育やスポーツ、そして教育や経営にも応用されているそうです。

発達障害に関してもABAは活用されていて、訓練を受けた発達障害の子供の約半数は普通学校に進学しているとの数字もあります。しかもほぼ全員が一般社会で暮らせるようになっているとのことで、自分は児童発達支援とABAに出合い救われた気持ちになりました。

迷ったり悩む必要はないと考え、早速子供にABAを実践させることにしました。経過は良好で発達障害ならではの問題が減っていき、一見すれば普通の子供と違いが分からないくらいになっています。

現在はすっかり一般社会に溶け込み、時々発達障害らしい部分が顔を覗かせますが、それでも上手く対処できるので子供本人も自分も安心です。
てらぴぁぽけっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。